頬骨整形術 - ヴェリテクリニック福岡院

ヴェリテクリニック福岡院
フリーダイヤル0120-394-412
HOME ドクター 症例集 Dr.講座 料金 診療、手術の流れ アクセスMAP

» 美容整形・美容外科のヴェリテクリニック福岡院TOPページ» 診療科目ページへ » 輪郭形成TOPへ » 頬骨整形術

診療科目
▼ 頬骨整形術

: 横幅を縮小させてステキな小顔に。

小顔になるためのファーストステップ。医師の熟練した技術による的確な対応でアナタを導きます。


: ヴェリテ式頬骨整形 術式

頬のラインは美しい輪郭を形成する上でとても重要です。小顔にするのに頬骨(きょうこつ)の整形は欠かせません。

頬骨は下顎の先端と顔面の最外側点をむすぶ三角形の頂点となるためハイライトとして強調されやすく、頬骨が正常より大きいと顔が横方向に大きく見えて輪郭を損なう要因になります。

頬骨は複雑な形をしていますが整形が必要なのは頬骨弓(きょうこつきゅう)と呼ばれている部分です。

頬骨弓は非常に薄く従来の頬骨削りでは薄い骨をさらに薄くしているだけでほとんど形が変わらないばかりか、削りすぎると骨が欠損し凸凹になるため、小顔になるどころか顔面が変形してしまう可能性がありました。

イラスト1
【頬骨弓(きょうこつきゅう)を削る方法】

イラスト2
【薄い頬骨弓を削っても、顔の幅は細くなりません。】

ヴェリテ式頬整形術は頬骨の形を根本的に考え頬骨弓の本来の弓状の形態を保ったまま、頬骨の不必要なふくらみを取り除くことができます。

手術方法は頬骨弓の先端と後端の過剰な部分を切除し弓状構造を保ったまま大きな弓を小型の美しい弓にします。

イラスト3
【ヴェリテ式頬整形術は、頬骨の先端と後端にカットを入れます。】
イラスト4
【頬骨の過剰部を切除します。】
イラスト5
【頬骨弓の本来の弓状の形態を保ったまま、頬の幅を細くします。】

固定には安全性を重視しチタンプレートを用いています。手術は口腔内の切開ともみ上げの小さな切開から行うことができますので、術後の傷もほとんど目立ちません。


:ブーメラン型 頬骨形成術

「ブーメラン型 頬骨形成術」とは、従来の骨切り術の方法を当院の中西雄二総院長が更に考案改良して、2007年美容外科学会総会で発表した術式です。

この「ブーメラン型 頬骨形成術」は、学会発表後、他院でも多くのドクターがその手技を採用し行なっていますが、従来の方法に比べ非常に高度な術式となっています。

そのため、当院へ他院での術後トラブルの相談も多く、当院にて修正手術を行うことが増えています。

「ブーメラン型 頬骨形成術」の特長は、 従来法と比べ、仕上がりについても頬の弓状構造を残したまま横径(幅)は縮小されるため小顔効果はもちろん、中顔面のボリュームに乏しかった方にはハリを戻すようなラインを作ることが可能です。


▼ 頬骨形成術の構造

@ 前方への突出部(Malar prominence 頬骨突起)
A 頬骨弓部
B 弓部耳側の厚い骨

頬骨形成術の構造 space

:ブーメラン型 頬骨形成術


頬骨突起が外側に含まれるようにブーメラン型に骨切りを行う。

頬骨突起が外側に含まれるようにブーメラン型に骨切りを行う

Malar prominence(頬骨突起)を温存する弓部耳側の骨削除を追加する。

Malar prominence(頬骨突起)を温存する弓部耳側の骨削除を追加する。

A頬骨弓を内側へ移動する。

頬骨弓を内側へ移動する 頬骨弓を内側へ移動させると段差が生じるため平坦化し、固定する

頬骨弓を内側へ移動させると段差が生じるため平坦化し、固定する。

space

削るだけでは、頬骨の形状を保ったまま弓部を効果的にReduction(縮小)することができません。

骨切りにより、頬骨の前方突出部の基本的形状を残し弓部を温存した効果的なReduction(縮小)が必要です。


space

:ヴェリテ式頬整形術+こめかみリフト

輪郭の手術で小顔になったことが原因でタルミが目立つ場合があります。

比較的高年齢で手術後に皮膚が骨になじまず中顔面のタルミがある程度予測できる場合は積極的に頬骨整形術に顔のリフトを組み合わせています。

又、若い方でもこの手術を受けられれば、小顔になると共に顔が引き締まってシャープになります。

手術はこめかみリフトのデザインで生え際を切開し頬骨弓(きょうこつきゅう)後方の骨切りを行います。

頬骨の固定はミッドフェイスリフトの方向性を生かすためにやや上方に固定し中顔面の引き上げをいっそう効果的にします。

ヴェリテ式頬骨整形術+こめかみリフトは輪郭とタルミを同時に改善できる、まさに一石二鳥の手術術式と言えます。


頬骨の張り出し方によって施術は異なります。症例を分析することで、その方に最適な施術方法を選択。最終的には顔の横幅を細くするのが目的です。

施術には高度な技術が必要とされますが、当院の医師はこの分野に熟練しているので、様々な症例に的確に対応することができます。


up space

美容整形・美容外科・豊胸のヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。現在も多くの医師がヴェリテクリニックの院長の豊胸などの施術を学んでおり、指導を行なっております。

プライバシー・ポリシー