全切開法 - ヴェリテクリニック福岡院

ヴェリテクリニック福岡院
フリーダイヤル0120-394-412
HOME ドクター 症例集 Dr.講座 料金 診療、手術の流れ アクセスMAP

» 美容整形・美容外科のヴェリテクリニック福岡院TOPページ» 診療科目ページへ » 目 TOPへ » 全切開法

診療科目 眼瞼下垂
▼ 全切開法

: 二重が消失する心配のない全切開法

埋没法の術後に重瞼線が消失した方や、幅の広い重瞼を希望する・上眼瞼の皮膚が厚い・眼窩脂肪が多いといった重瞼線が消失しやすい方には全切開法が適しています。

特に、皮膚の余り(たるみ)があるために単純に皮膚を折りたたむだけでは希望する二重を作ることができないまぶたは、全切開法を用いて皮膚を切除する必要があります。


: 切開法の二重が消えにくいわけ

切開法イラスト

切開法では皮膚を切開して皮膚とまぶたを持ち上げる筋肉(実際には筋肉の先端にある腱膜と呼ばれる薄い膜)を縫い合わせて連結させます。

space

● 皮膚を切開すると傷痕ができます。


そして、この傷痕は永久に無くなることはありません。同様に、皮膚と筋肉の間には傷痕と同じく瘢痕組織ができます。

この瘢痕組織は無くなることがありません。そのため、切開法で作った二重は消えることがまずありません。


▼埋没法の二重と切開法の二重はどう違うのでしょう?

切開法で作る二重まぶたと埋没法で作る二重まぶたにはどういった違いがあるのでしょう。

切開法でも皮膚を切り取らないで二重を作るなら、埋没法で作る二重と同じ仕上がりになります。

埋没法にしても、切開法にしても、まぶたの皮膚に折れ癖を付けて皮膚を畳むわけですから、出来上がりの二重に差はありません。

ただし、埋没法で作った広い二重は年月がたつと消えてしまう心配があります。

切開法をお薦めする場合は、二重を取れにくくしたい時と上まぶたの皮膚にたるみや余りがある時です。

up space
space
料金一覧へフリーダイヤル0120-394-412
space

美容整形・美容外科・豊胸のヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。現在も多くの医師がヴェリテクリニックの院長の豊胸などの施術を学んでおり、指導を行なっております。

プライバシー・ポリシー