涙袋|涙袋形成 - ヴェリテクリニック福岡院

ヴェリテクリニック福岡院
フリーダイヤル0120-394-412
HOME ドクター 症例集 Dr.講座 料金 診療、手術の流れ アクセスMAP

» 美容整形・美容外科のヴェリテクリニック福岡院TOPページ» 診療科目ページへ » 目 TOPへ » 涙袋|涙袋形成

診療科目 涙袋|涙袋形成
▼ 涙袋|涙袋形成

: 涙袋形成は垂れ目的で甘えムードの目元


涙袋を作る、いわゆる涙袋形成とは下まぶたに膨らみをつくり、顔の表情をチャーミングで魅力的にするのが涙袋形成です。

施術方法はヒアルロン酸注入と、脂肪注入がございます。

ヒアルロン酸注入は処置部分に麻酔(麻酔テープ等)をした後、鏡をご覧いただきながらご希望の大きさ、太さに調整して注入します。

涙袋形成のヒアルロン酸注入は、数分の施術で涙袋ができてしまう手軽さも魅力です。


: グラマラスライン(たれ目形成)の併用


下まぶたの眼瞼縁(睫毛が生えているまぶたのきわ)を下方に下げる手術がグラマラスラインの手術です。

グラマラスラインで外側にボトムのある垂れ目風のラインを作った上で、さらに涙袋を形成すると一層垂れ目的で甘えムードの目元になります。

ヴェリテクリニックのグラマラスラインの手術では、涙袋を考慮して皮膚の切除をできるだけ行いません。

皮膚の余裕を切り取ってしまうと、ヒアルロン酸注入で涙袋を作ろうとしても十分な膨らみができません。

また、グラマラスラインの手術では同時に目の下のたるみ(目の下のクマや目袋)の原因となっている眼窩脂肪を取り除くことが簡単にできます。

この経結膜脱脂を併せて行っても術後のダウンタイムが伸びることは全くありません。

up space
space
料金一覧へフリーダイヤル0120-394-412
space

美容整形・美容外科・豊胸のヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。現在も多くの医師がヴェリテクリニックの院長の豊胸などの施術を学んでおり、指導を行なっております。

プライバシー・ポリシー