痛みの少ない豊胸術 - ヴェリテクリニック福岡院

ヴェリテクリニック福岡院
フリーダイヤル0120-394-412
HOME ドクター 症例集 Dr.講座 料金 診療、手術の流れ アクセスMAP

» 美容整形・美容外科のヴェリテクリニック福岡院TOPページ» 診療科目ページへ » バスト TOPへ » 豊胸術

診療科目 豊胸術
▼ 豊胸術

: 痛みの少ないヴェリテ式豊胸術

豊胸術でナチュラル感・安全性の両面から、もっとも重要となるのはバッグを挿入するスペースです。

当院では「筋膜下法」(=「サブファスチアル・レイヤー・メソッド」)という方法で胸の筋肉と乳腺の間にある薄い筋膜の下にスペースを作ります。

筋膜下法では、筋肉を傷つけないので痛みが少なく、又筋肉と筋膜の間にバッグを入れることによってバッグの輪郭が浮き出ることを防ぎ、なだらかで自然なバストを実現します。


筋膜下法イラスト

筋膜下法豊胸術:
筋肉と乳腺の間にある筋膜の下にスペースをつくりバッグを挿入しますので、安全性・安定性も高く、自然な形のバストになります。

space

: 従来の豊胸術との比較


▼乳腺下法豊胸術

乳腺下法イラスト

乳腺下法豊胸術:
乳腺と筋肉の間にスペースをつくりバッグを挿入するため、バッグのフチの部分にどうしても違和感(段差)が生じます。

space

▼大胸筋下法豊胸術

大胸筋下法イラスト

大胸筋下法豊胸術:
胸の筋肉(大胸筋)をはがしてその下にバッグを挿入するため、手術のリスクも大きく、また術後に大きな痛みがありました。

space space up space

: 世界高品質 バイオセルバッグ


7層構造がより高い安全性の証
シリコン漏れを防止するワンランク上の最新テクノロジー・バッグ

当院では、マックギャン社の最新バイオセルバッグを使用します。

このバッグは、同社が特許を持つバリアコートと呼ばれる層を含め全7層の多重構造で、これまでの豊胸術で一番問題となっていたシリコンジェルの漏れを確実に防止。

バッグのセルは強度が上がったにもかかわらず、これまでのどのバッグよりもソフト。

また、表面のバイオセルという組織適合に優れたテクスチャード加工(マックギャン社特許)のおかげで、被膜拘縮を予防します。


世界高品質 バイオセルバッグ


up space

美容整形・美容外科・豊胸のヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。現在も多くの医師がヴェリテクリニックの院長の豊胸などの施術を学んでおり、指導を行なっております。

プライバシー・ポリシー